遠野観光ガイド

パッチワークの道具
すぐに必要な道具もありますが全部が今すぐ必要というわけではありません。
本当に今すぐ必要な物は針と糸があれば出来ない事はないとおもいます。
では、順番に必要な物を拾っていきましょう。
1.型紙作り パターンの原型を写し、実物大の型紙を作ります。 
1.型紙用紙 プラスチック製(大きな手芸店に行けばあります。大量に同じパターンが必要な時に角など型クズレしにくいので良いですがちょっと高価です。)
方眼紙(文房具店で入手できます。安いのでおなじみだが、何枚かとるうちに角が曲がってくる。透かして写し取れないのでトレーシングペーパーの方眼紙の方が写し取りやすいです。)
厚手のトレーシングペーパー
(大きな文房具店で入手できる。おすすめ。プラスチック製よりも安く、透かして写し取れる利点がある。)
厚手の菓子箱
(一番のお薦め!透かして写し取る事は出来ませんが、硬くて型クズレしにくいしとにかく、すぐに使える。パターンはきちんと製図するのが大変かも。移す時にパターンを上にして角を針でポイントすると少し楽に書けます。)
2.鉛筆
(布に写すときに使う)
2Bのえんぴつ
もっとも印がつきやすいが、常に先をとがらせておく必要があるため、削る回数が多く、減りやすい。(小さい鉛筆削りがあると便利)

2Bの芯入りシャープペン
削る必要なく、常にとがっているので、印付けには最適。布目の粗い生地に書く場合、芯が折れやすいので注意。

白または黄色の色鉛筆
チャコペンシルでなく、ふつうの色鉛筆で充分です。黒や色の暗い生地の印付けに使います。

3.ハサミ(紙用) パターンシートを切るためにつかいます。
(紙を切るものと布を切るものとは別にしましょう。
紙を切ると結構早く切れにくくなります。あまり高価でないほうが良いとおもいます。普通の文房具屋さんで入手するか100円ショップでも充分と思います。)
4.布押さえ サウンドペーパー(#1000以上が良いと思います)
布にパターンシートで印をつけます。布が動かないようにサウンドペーパーで固定しパターンシートを上に置き鉛筆で印をつけて生きます。このときサウンドペーパーが粗いとデコボコしますので番数が大きい物を選びましょう。(ホームセンターなどで入手できます)
5.定規 50cmぐらいの方眼付き定規と、15cmほどの方眼付きの定規はほしいです。長い物と短い物があると便利です。

パッチワーク用なら、7ミリのガイドラインもついていて、縫い代付けに便利です。

2.生地カット 生地を縫い代をつけた状態でカットしていきます。
1.裁ちバサミ 布専用のハサミ(切れ味の良いものがいいですね悪いと大変なことになります。糸が攣れたり縫い代が無くなったり、とにかくよく切れる物を準備しましょう。)
3.ピーシング ピースとピースを縫い合わせる
1.縫い針 ちょっと高価ですがピーシング用の針があります。(クローバのピーシング針Q)
ほかにパッチワーク針というのもあります。先が細い、少し短いという針です。
2.糸 製品名DualDutyというアメリカのメーカーのものがポリエステルの芯のに木綿をコーティングして作ってあるみたいなので強いです。

パッチワーク用の糸が売られています。ピーシングには成り(色番256)があれば充分です。アップリケ用の糸は細く、生地と同じ色のものを。 

3.ピンクッション
  待ち針
ピーシングの時かなり沢山待ち針は使います。糸と一緒に使える当社のピンクッションがお薦めです(^-^)/。パッチワーク用はちょっと短くて細い、キルティング用は太くて長い。普通の待ち針でも良いと思います。
頭がガラスの方がアイロンをかけることが多いので良いとおもいます。
ピンクッションは腕につけるタイプの物も良いですが引っ掛けて待ち針を落とす事も多いので使いやすいですが要注意。
4.アイロン ピーシング中はできるだけこまめにアイロンするのが、きれいに仕上げるこつです。
ハンディタイプのアイロンは場所もとらずキルトボードのアイロン台も使えて便利ですね。
5.糸きりばさみ 小さめの、よく切れる布専用のものであればどんなものでもかまいません。パッチワーク用のものは刃が反っていて、リバースアップリケの時に使うのに便利です。また、和バサミの小さいの(チョキチョキバサミ)も便利です、ハサミを開く手間が無くとても使い勝手がいい。
6.ゆびぬき いろいろ種類があります。これはあったほうがいいでしょう。いくら通りがいい針でも長く縫っていると指に穴が開くと思います。キルティングの時には必需品
4.しつけ トップとキルト芯・裏布を中心からしつけていきます。
1.しつけ糸 多分どんな物でもしつけ糸なら良いと思います。パッチワーク専用の物もあるそうです。
2.しつけ縫い針 必要なといえばそうですが。長い針が合ったほうがしつけやすい。
3.しつけ待ち針 長い待ち針ですキルティング待針(細)というのがあるそうです。
5.キルティング ピーシングをしてできたトップに綿を裏布ではさんで縫い合わせる事
1.キルト針 長さはパッチワーク用より短いです。パッチワーク用でキルティングを行っても良いと思いますが、短い方が扱いやすくキルティングしやすいと思います。
キルティング用の針としてあります。
2.キルト糸 いろいろな糸がありますのでトップにあわせて選んでください。ただ木綿の太い物はお薦めできません。
3.キルトループ 大きな作品の場合あったほうが綺麗に仕上がります。かなり大きい物であればキルトスタンドというのがあるそうですが・・・
4.指ぬき・シンブル これは必要です。ただどれがいいかは革製品で自分にあったものをお探し願うしかありません。トップ・コインシンブル、ワンポイントシンブルなどは使いやすいと思います。
6.仕上げ キルトの周囲を仕上る。
1.テープメーカー バイヤステープを楽に作る道具で、無くても別に支障はありません。
自分らしい縁取りをしたい時にはあったほうが便利です。
これで道具の準備はOKです。
結構ありますね針と糸だけでは・・・
パッチワークのトップへ戻る